💝Happy Valentine day💝 ~世界のValentine事情😉✨~

おはようございます。

ウィークリーマンション&マンスリーマンション ニチダイ、コンシェルジュの和花菜(わかな)です😉✨

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます✨

 

今日は、Valentine dayですね😉✨

ニチダイ男性陣は、ここ数日間、大変良い子ちゃんです✨
チョコを意識しているのでしょうか・・・😉(爆笑)

 

世界のバレンタイン事情国によって様々です✨

世界のValentine事情まとめました😉✨

 

そもそもバレンタインデーとは、どのようにして生まれたのでしょうか・・・❔❔

 

バレンタインデーは、古代ローマのキリスト教司教、バレンタインさんに由来して生まれた記念日だそうです。

 

古代ローマでは、戦争への士気が下がることを懸念した皇帝が、若者の結婚を禁止していたそうです。

しかし、バレンタイン司教は、そんな若者たちをこっそり結婚させていたそうです。

ところがそのことがバレて迫害され、最終的に処刑されてしまったそうです。

それが2月14日だったことから、カップルたちの愛の誓いの日として、バレンタインデーが生まれたと言われています。

 

ヨーロッパのバレンタインデー
バレンタインデーの発祥の地であるヨーロッパとのこと。

バレンタインデーは、恋人の日として祝われます。

恋人同士でカード交換をするそうです。

プレゼントは、男性から女性へ贈るのが一般的で、チョコはあくまでもオマケとのこと。

ヨーロッパで重要なのは、チョコではなく花束とのこと。

ちなみに、バレンタインに男性から女性へ花束を送るのは、イギリスで始まったと言われています。
イギリスでは男性が、素敵なレストランを予約して、カードに花束、プレゼント・・・
と、イギリスの女性はいたれりつくせりのようです。

また、フランスやドイツなど、ヨーロッパ諸国の大半では、バレンタインは恋人や夫婦の日とされています。

 

イタリアのバレンタインデー
バレンタインデー発祥の国とされるのは、イタリアと言われています。
2月14日は「サン・ヴァレンティーノ」と呼ばれているそうです。
別の名を「Festa degli innamorati(恋人たちの日)」といい、愛を確かめ合うのに一年中で最も相応しい日と言われています。
プレゼントを贈り合ったり、食事や旅行に出かけるカップルも多く、旅行先としてはヴェネチアやパリがロマンチックで人気だそうです。
最もポピュラーな贈り物は花で、特に赤いバラが人気で、イタリアでは赤バラは「情熱」という意味です。

 

フランスのバレンタインデー
フランスでは、バレンタインデーに恋人同士や夫婦など決まった相手にプレゼントをするそうです。
ほとんどの男性が恋人や奥様に花を贈るので、フランスの花屋は男性客が行列になるほどでらしいです。
人気の花は愛の象徴である赤いバラとのこと。

 

ドイツのバレンタインデー
ドイツでも、バレンタインデーは特別な「愛の日」とのこと。
男性はみんな女性に花を贈り、奥様や恋人に花を贈るのはもちろん、ドイツでは母親や娘にも花を贈るそうです。
バレンタインデーの花として最も人気があるのは、赤いバラ。
ほとんどの男性が赤バラの花束、または赤バラ1本を女性に贈るそうです。

 

スイスのバレンタインデー
スイスでは、恋人同士がお互いに花を贈るそうです。
贈るのはたいてい赤いバラで、13日でも15日でもなく、2月14日当日に渡すことが肝心だそうです。
恋人からの花がないと別れてしまうこともあるくらい、バレンタインデーは特別な日とのことです。

 

フィンランドのバレンタインデー
フィンランドでは、ヨーロッパの中でも少しユニークで、1980年代の終わり頃から、2月14日は「友情の日(ユスタヴァンパイヴァ)」として暦に載るようになりました。
この日は花を贈ったり、友達や家族にカードや小さなプレゼントを贈ったりするそうです。

 

オーストラリアのバレンタインデー
オーストラリアでは、夫婦と恋人同士の間でのみプレゼントを交換するそうです。
親子や友人同士でバレンタインギフトを贈ることはないそうです。

 

アメリカのバレンタインデー
アメリカの習慣は、イギリス渡ってきましたのでほとんどイギリスと変わらないそうです。

男性が女性に花束やカード、ジュエリーなどを贈るそうです。

お花が最も重要で、ちょこはオマケのようです。

ちなみに、ドラマや映画のように、職場に花束が届いたりするそうです✨

 

中国のバレンタインデー
中国ではバレンタインはまだ日本ほど浸透していないようです。
しかし、都市部の若者には一般的な行事とのこと。

スタイルは西洋式で、男性が女性にバラの花束を贈るのが主流です。

チョコは贈ったとしても、やはりオマケだそうです。

 

韓国のバレンタインデー
日本と同様に女性から男性へチョコをプレゼントするそうです。

ホワイトデーや義理チョコの文化も、ほぼ日本と同じらしいです。

ただし、韓国ではチョコは手作りせず、チョコがたくさん入った豪華なラッピングのバスケットを贈るそうです。

そしてユニークな日があります。
それは、ブラックデー✨

ブラックサンデーとは
バレンタインデーやホワイトデーに何もなかった人たちが、4月14日に黒い服を着て、黒いジャージャー麺を食べながら
お互いを慰め合う日だそうです。

 

宗教で禁じられている地域
イスラム圏では、バレンタインはキリスト教の文化だとして禁じられている国もあるそうです。

特にサウジアラビアでは、バレンタインを祝ったら死刑になることもあるとか・・・💦💦

また、ヒンドゥー教のインドでも、バレンタインは禁止だそうです。

ただ、欧米の文化が身近になっている若者の世代では、こっそりバレンタインを楽しむ人もいるそうです。

 

そもそも、日本バレンタインにチョコを贈る習慣は、お菓子メーカーのキャンペーンから発生したと言われています。

ヴァレンタインと言っても、色々ありますね😉✨

 

ちなみに、ニチダイ男性スタッフ全員に、本気チョコ渡します😉💕
みんな、喜んでくれるかなぁ~😉💝🎶

 

ウィークリーマンション&マンスリーマンションのお問い合わせはもちろん

その他、どんな些細なことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^▽^*)✨

お問い合わせフォーム

 

ニチダイのFacebookページです

こちらも、よろしくお願いいたします✨