疲れ目をスッキリさせるセルフケア😉✨ ~パソコン作業編~

おはようございます。

ウィークリーマンション&マンスリーマンション ニチダイ、コンシェルジュの和花菜(わかな)です😉✨

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます✨

 

パソコン画面と向き合う仕事なので、夕方になると
疲れ目がひどい
✅目の奥が重い
など、目が疲れてしまいますよね・・・😢

 

今日は、不調対策&予防法をまとめました😉✨

5つのコツご紹介します😉✨

 

コツ1 温める
目が疲れると、冷やすより、温めるのが基本だそうです。
パソコン作業による目の疲れは、手元にピントを合わせ続けたことによる、目の筋肉の緊張やこりが原因だと言われています。
温めて血行を促せば、疲労物質や発痛物質が流れ去るので、目の疲れが和らぐそうです。

 

コツ2 首や肩を温める
仕事でパソコンなどを使う作業をしている人を対象に行った調査によると、身体的な疲労や症状を感じている人のうち、
✅目の疲れ・痛みを感じている人・・・90%以上
✅首、肩のこり・痛みを感じている人・・・74.8%

疲れ目で悩む人の中には、首や肩のこりにも悩んでいる人が多くいます。
二つの悩みに共通しているのは、
✅筋肉が緊張している
という点です。

 

首や肩のこりが気になる人は、目だけでなく、首や肩も温めてみると良いそうです。
蒸しタオルなどで温めたりすると、血めぐりがよくなるので、疲れ目を軽くする効果が期待できます。

全身を効率的に温めて血行を促進するのが、入浴です。
お湯の温度は、38~40℃が良いと言われています。
10分以上、ゆっくり湯船に浸かると、副交感神経が働き、心身のリラックス効果も生まれると言われています。

 

コツ3 疲れ目になりにくい姿勢や照明環境をチェックする
長時間過ごす職場の作業環境を見直して、目の負担を減らすよう見直してみると良いそうです。

✅明るいほうが見えやすいから目に優しい
と思いがちですが、室内の照明は、ディスプレーより
✅少し明るい程度がちょうどよ良い
✅直射日光や明るすぎるディスプレーは目に優しくない。
と言われています。

姿勢も、
✅猫背にならないよう背筋を伸ばす
✅ディスプレーと目を50cm程度す
✅目線がやや下を向く程度の姿勢での作業する
などを心掛けると良いそうです。

 

コツ4 目のストレッチをする
仕事の合間に意識して遠くに視点を合わせることが大切だと言われています。
パソコン画面や手元を見つめ続けている間は、水晶体を支える毛様体筋が緊張し続けているそうです。
毛様体筋は本来、遠くを見つめているときがリラックスした状態だと言われています。

 

コツ5 ハイキングや温泉でリフレッシュ
疲れ目niha
疲れ目には運動も大切だと言われています。
全身を動かして代謝を高め、血行を促進すれば、目の疲労回復にもつながります。

休日もとっても大切です。
休日は、屋外でのウオーキングやハイキングがおすすめだそうです。

「運動はしないけれどドライブをする」という人は、温泉も良いそうです。

また寝る直前は画面を見ないようにすると良いと言われています。

 

ニチダイの物件は、名古屋市内の駅近物件徒歩5分以内の物件が、約95%です😉✨

街中ですが、もあります😉✨

 

公園もあり、商店街もあります😉✨

帰り道休日リフレッシュもできます😉✨

 

自分に合ったセルフケアを上手に取り入れて、健康で快適な毎日を過ごしたいですね😉✨

お互いちょっと意識して、取り入れたいですね😉✨

 

ウィークリーマンション&マンスリーマンションのお問い合わせはもちろん

その他、どんな些細なことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^▽^*)✨

お問い合わせフォーム

 

ニチダイのFacebookページです

こちらも、よろしくお願いいたします✨