ひつまぶし😉✨ ~食べ方の基本😉✨~

おはようございます。

ウィークリーマンション&マンスリーマンション ニチダイ、コンシェルジュの和花菜(わかな)です😉✨

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます✨

 

名古屋めしのひとつに、ひまつぶしがあります😉✨

 

ひつまぶしとは、うなぎの蒲焼を用いた料理です😉✨

蒲焼にしたウナギの身を切り分けた上で、お櫃などに入れたご飯に乗せ(まぶし)たものを、食べる側がお茶碗などに取り分けて食べるのが基本的なスタイルです😉✨

一般的
✅ワサビ
✅刻み海苔
✅刻みネギ
などの薬味

出汁
✅お茶
などが添えられて提供されます😉✨

それらを食べる側の好みに合わせて取り分けた鰻飯に掛けたり、お茶漬けにすることにより、味の変化を楽しみながら食べることができるようになっています😉✨

 

今日は、”ひつまぶし😉✨ 食べ方の基本😉✨”です😉✨

 

ひつまぶしは、うなぎの蒲焼を細かく刻んでご飯にまぶした名古屋の名物料理です。
焼く前に蒸さない関西風の『地焼き』が特徴です。
一緒に運ばれてくる出汁を入れて、お茶漬け風に食べるイメージがあるかと思います。

 

食べ方の基本と言われるスタイルは、以下の通りです😉✨

 

まずはおひつを4分割に

おひつに入ったひつまぶしを4分割します。
うなぎの形状はあまり気にせず、思い切って十文字にしゃもじを入れるのがポイントです。

 

1膳目はそのままいただく

1膳目は、お膳に載った茶碗に4分の1をよそい、そのままいただきます。
焦げ目のついたうなぎのカリッとした食感と濃いめのタレのインパクトを堪能します。

 

2膳目はネギとワサビで

2膳目として4分の1をよそい、今度はさらしネギとワサビを載せて違う食感を楽しみます。
ネギの歯ざわりとワサビの風味がうなぎの脂の甘みを引き立ててくれます。

 

3膳目は定番の『うな茶漬け』

3膳目は、2膳目の薬味と刻みのりを載せ、出汁をかける定番の「うな茶漬け」としていただきます。
うなぎの脂が溶け出したまろやかな出汁も絶品です✨
これこそ『ひつまぶし』😉💕✨

 

最後はお好みのスタイルで食べる

おひつに残った最後の4分の1は、3通りのうちの自分好みのスタイルで堪能します。
最後のひと口まで、味のバリエーションを楽しみつくすのが名古屋流です。
出汁や薬味がなくなったら、お代わりを頼めるお店もあります。

 

ひつまぶし
✅三重県津市発祥説
✅名古屋市発祥説
があります😉✨

また、ひつまぶしの食べ方お客様の自由に任せらています😉✨

お気に入りのいただき方、ぜひ見付けてください😉✨

 

今晩は、ニチダイスタッフたちで、協力店様のお店『ひつまぶし』食べに行きます😉💕✨
楽しみです💕✨

 

お陰様でニチダイにも、毎日多くのお問い合わせをいただいております✨
ありがとうございます💕

 

人気
✅エリア
✅部屋
は、即決される方が多いです。

 

ニチダイでは、
✅お決めいただいか方から順番にご契約
させていただいております✨

 

ニチダイの物件は、名古屋市内の駅近物件で、最寄駅から徒歩5分以内の物件が、約95%です😉✨

✅通勤
✅通学
✅移動
✅お買い物
など、とっても便利です😉✨

 

便利なだけでなく
✅交通費
✅通勤時間
を考えても、トータルするととってもお得になります😉✨

 

ニチダイは、本日も元気に営業中です😉✨

 

ニチダイの物件は、数に限りがございます。

✅人気エリア
✅人気のお部屋
は、特に人気となっております。

現在、1年以上先までご契約いただいているお部屋もあります✨

 

✅ウィークリーマンション
✅マンスリーマンション
ご検討の方は、お早目にお問い合わせいただけますよう、お願いいたします✨

お問い合わせフォーム

 

 

ウィークリーマンション&マンスリーマンションのお問い合わせはもちろん

その他、どんな些細なことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ(*^▽^*)✨

お問い合わせフォーム

 

ニチダイのFacebookページです

こちらも、よろしくお願いいたします✨